日本消費者金融協会の協会員になるためには

シェアしていただけると幸せます☆

先日のブログで、「健全な貸金業界」をアピールしていく重要性を書きました。

これからの消費者金融に求められるものは、どれだけお客さまに信用・信頼していただけるかということに尽きると思います。

その意味で日本貸金業協会に加盟し、厳正な業務監査を受けることもその一つの方法です。

ところで当業界にはもう一つ別の業界団体が存在します。

それが日本消費者金融協会(JCFA)です。

日本消費者金融協会は「日本の主要な消費者金融会社で構成される全国組織の任意団体」であり、「消費者金融に関する調査、研究、広報、教育等の活動」を通じて「消費者金融の健全な発達を図るとともに、広く国民経済の適切な運営に資すること」を目的として活動しています。

つまり消費者金融を皆さまにアピールし、その活動内容を広く知っていただくための業界団体ということです。1969年4月創立で、40年以上の歴史はまさに消費者金融とともに歩んできたものといえます。

日本ファイナンスとしても日本消費者金融協会の協会員となることで、消費者金融のよりいっそうの発展に協力していきたいと考えております。

ただし協会員になるのは簡単ではなく、日本消費者金融協会会員から、少なくとも2会員さまからのご推薦をいただく必要があります。

もし日本消費者金融協会会員の中で日本ファイナンスをご推薦いただける業者さまがいらっしゃいましたら、ぜひともご連絡をお願いいたします。

日本ファイナンスは消費者金融の発展・成長のため、今後ともより一層の努力をしていきます。