【ひとこと書評】 クレジットエイジ 2012年11-12月号(VOL.385)

シェアしていただけると幸せます☆

クレジットエイジ最新号の紹介です↓

クレジットエイジ 2012年11-12月号(VOL.385)/JCFA(日本消費者金融協会)

クレジットエイジ_385
¥300
Fujisan.co.jp

今号は貸金業界の話だけではなく、

金融教育の必要性についてたくさん書かれていました。

金融教育、って聞くとどういうことを思いつきますか?

投資や運用、財テク(もう言わない?)という言葉が

出てきた人も多いのではないかと思います。

でも例えば、

 ・車が欲しいけど、週2回ぐらいしか乗らない。買うべき?

 ・セミナーに参加したいけど、バイト休まなきゃ。どっちがトク?
 ・今もらえる25万円か2年後もらえる30万円か?

こういう状況って人生にはつきものですよね?
(※「今の25万円か2年後の30万円か」は、例えば外国の宝くじで1000万ドルに当選した時に「今すぐ500万ドルか、100万ドル×10年で1000万ドルか?」という選択肢を迫られるらしいです。う~ん悩ましい!!)

こういう時に正しい知識に基づいた答えを

導きだせるようにするのが今求められている金融教育です。

・・・・・・などなど面白い記事が盛りだくさんでした。

機会があればぜひ読んでみてくださいね☆