ちょこっと法律を変えればいいだけなのに!!

シェアしていただけると幸せます☆

揺れる“がん検診” - NHK 特集まるごと


下関市ではこの4月から、検診車による肺がん検診を

中止することにしたそうです。

理由は病院や診療所以外の場所でのレントゲン撮影に

医師の立ち会いを義務づけている診療放射線技師法

に違反しているから。

でもこの法律、昭和26年制定なので成立から60年以上

経過しています。

その間に医療や医療機器は格段の進歩をとげているのに、

法律だけはいつまでも昔のまま。

近くに病院がない人たちにとっては検診車でのがん検診

がどれだけありがたい存在か。

国だってもちろんわかっているのに、この件に対する厚生

労働省の回答は「法律に定められている以上、安全性を

確保するため、あくまで医師の立ち会いを求める」とのこと。

目の前にある問題なんだから、ササッと議論に入って必要に

応じてチャチャッと法改正してしまえばいいのに、やらない。

すぐやれることなのに、やらない。

ぼくはこういうの大っ嫌いです