貸金業は貸し出しが伸び悩む中・・・・・・

シェアしていただけると幸せます☆

日銀は市場へ現金を「異次元供給」。

でも問題はそのお金が融資にまわるかどうか

今後の銀行の動向が注目されますね。

今月中に発表される成長戦略では大胆な

規制緩和が注目されています。

貸金業法の改正もウワサされているとか、いないとか

こちらも今後の展開に注目です。

でも、「大胆な」とか「異次元の」とか、政府発表につい

くる形容詞ってどうもうさんくさいと感じてしまうのは

わたしだけでしょうか?

ひねくれすぎですかね?