目的にマッチした金融のあり方 ≪【ひとこと書評】 残念な人の仕事の習慣≫

シェアしていただけると幸せます☆

みなさん、こんにちは。下関店長☆マツバラです。

今朝からの大雨で外出もままならず、きょうは自宅で

読書したり、仕事についていろいろ考えたりしています。

わたしの仕事(消費者金融)は、言葉通り「消費者」の

皆さまにお「」を「」通する仕事。とてもシンプルです。

シンプルですが、お客さまがお金を必要とする理由は

じつは様々で、結婚式の祝儀代、お葬式の香典代、

旅行費用、教育資金、マイカー費用(修理・車検)等々、

100人のお客さまがいれば100通りの資金使途があると

言っても言い過ぎではありません。一人ひとりの人生はそれ

ぞれ違うからです。

●今の自分はお客さまの目的にマッチした金融を行え

 ているだろうか?

●今の仕事のやり方のままで、お客さまが求め
ている

 「サービス」を提供できるだろうか?

●まだまだ改善できる所があるのではないか?

この本を読んで自分の仕事に関する問題点に改めて向き

合えたように思います

本書では「残念な人」を「自分以外との関係性の中で

モノゴトを見られない」人であると書いています。

つまり、世間と上手くコミュニケーションが取れない人

ということだと思います。

お客さまとのコミュニケーションが不足し、お客さまが

のようなサービスを求めているのかを感じ取れないよ

な「残念な会社」と思われないよう、謙虚に傾聴する

姿勢を持ち続けたいと思います。