パズル面接に挑戦!≪【ひとこと書評】 ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?≫

シェアしていただけると幸せます☆

突然ですが、質問です。

「大事な試験を受けて、合格したかどうか、わからない

とします。いっぽう、近くに予定されているハワイ旅行は

楽しそうですが、申し込みは明日までです。成績は、そ

の翌日にならないとわかりません。ハワイ旅行の料金を

払い込みますか」

さあ、あなたならどうします?この本に出てくる質問です矢印

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?

本書ではマイクロソフト社で実際に出題されている、

「ちょっと変わった」面接試験問題が紹介されています。

たとえば「富士山をどう動かしますか?」。こんなこと

いきなり聞かれたら戸惑っちゃいますね

ちなみに最初の質問、大半の人が旅行に行かない

答えるそうです。試験の結果が出ていないのに旅行

どころじゃないということでしょうか。

今度はこんな質問をしてみます。

「合格したことがわかっているとしましょう――旅行に

参加しますか」

「不合格がわかっているとします。旅行に参加します

か」

この場合、合格したらお祝いに、不合格でも残念会と

していずれの場合でも、旅行に参加するそうです。

試験の結果がどうなっても判断は変わらないのに

未確定の状態で聞かれるとそれができなくなる。

株式市場でも同じような現象が起きるそうですよ。おも

しろいですよね。


もしマイクロソフトに入社を希望しているのなら、一度読

んでおいたほうがいいのかも!?