FPとして自分に何ができるか

シェアしていただけると幸せます☆

久しぶりにお金の話。
仕事が終わって、家に帰ると本が2冊届いていた。

日本FP協会とファイナンシャル・プランニング技能士センターより
今の仕事に就いてから、役に立つこともあるかと思ってFPの勉強を始めた。
良い先生にも恵まれ、なんとか2級FPとAFPの資格を得ることもできた。
個人的にはFPとして学ぶことはとても興味深く、有意義なものだとも思っている。
私の理解が間違っていなければ、FPの仕事とは、顧客の負債を最小化し、そして資産を最大化することなんだろうと思う。
それは多分正しいんだろう。
それでは、負債はあればあるほど不幸なんだろうか。
あるいは、家計に関して生涯成績がマイナスの人は、やはり不幸なんだろうか。
私の仕事は、簡単に言ってしまえばお客様の負債を増やしてしまう仕事だ。
とすると、私の仕事は人を不幸にする仕事?
でも、どうやらそんなこともないらしい。
誤解を恐れずにいえば、負債で人が幸せになれた場面を、本当に何度も見てきたから。
幸せであるということは、その人が幸せだと思えていること、それがすべてなのではないか。
それに対して不幸せとは、その人にとって、何かある明確な不幸せである原因が存在している状態を指すのだとおもう。
望んで不幸せになろうとする人などいないから。
私に出来ることは、その明確な不幸せである原因を負債の中に見つけ、それを取り除けるよう一緒に進んでいくことなんだとおもう。
そのためにももっとFPの勉強をしなければ。
最近勉強してないけどね(゚Д゚ )アラヤダ!!