ガンリキントー?ガンキンキントー??

シェアしていただけると幸せます☆

前回、毎月の返済金額はよ~く考えて決めるように、と書きました。
ところで、ローンやキャッシングの返済には大きく分けて2つの返済方式があるのをご存じですか?
それは「元利均等(がんりきんとう)」と「元金均等(がんきんきんとう)」です。
なんだかひっかけ問題みたいによく似た字面ですけど、その意味するところはだいぶ違ってきますので要注意!!
それでは実際の返済予定表をみながら見ていきましょう↓
元利均等
これは元利均等払いの場合。返済額は一定の金額ですね。
元金均等
そしてこれが元金均等払いの場合。今度は元金の金額が一定ですね。
わかりますか?元利均等払いの方は毎月の返済がずっと1万円ずつなのに対し、
元金均等払いの方は毎月の返済はバラバラだけど、元金の返済はつねに1万円ちょうどになっています。
じつは2つの返済方式の違いは毎月の返済金額だけじゃなく、総返済額にも表れてきます。
元利均等払いの方は107,452円で完済予定なのに対し、元金均等払いは106,776円と、676円少なく完済できています。
つまり、
元利均等 ⇒ 毎月の返済額が一定でわかりやすい ⇒ 返済総額は元金均等より多くなる
元金均等 ⇒ 返済を始めたばかりのころは毎月の返済額が大きい ⇒ 返済総額は元利均等より少なくなる
というわけです。ちなみに日本ファイナンスでは元利均等のみ採用しています。
これもどちらが良いのかは人それぞれで、一概には言えないものです。
もし両方とも選択できる時にはそれぞれの特徴を思い出して、慎重に選んでくださいね。
もっと詳しく教えて欲しいという方はいつでもご連絡お待ちしております☆(^^)