「顧客サービス」のむずかしさ

シェアしていただけると幸せます☆

※ブログ毎営業日投稿チャレンジ:10日目!

先日、同業者の集まるセミナーに参加してきたときのこと。

皆さんのお話を伺っていくと、

「わたしはコールセンターの業務しか携わってないので、融資実務とか回収実務にはほとんど携わったことがないんです」

こういう方がとても多くて、なんだか新鮮な驚きをおぼえました。

大手企業から来られた方たちばかりだったのでもちろん部署も細かく分かれていて、きっとこれが普通なのかもしれないですね。

でもわたしのいる日本ファイナンスは、まぁ~けっこう小さい会社ですよ(;”∀”)

そしてうちぐらい小さい会社が貸金業者の大半を占めるので、そういうところは皆そうだと思うのですが、融資業務も回収業務も、基本全部携わることになります。

そうすると困ったことがおきてしまいます。

まぁ困る、というわけではないんですけど、それは「顧客サービス」の追求がむずかしく、というより微妙になってくるジレンマです。

ホントはいつもこんな顔で、こんな気持ちでいたいんですけど……

窓口にきていただくお客さまには出来る限り楽しくいてほしいし、そういうサービスを追求していこうと常に考えているのですが、回収の場面になるとお客さまと接する形がまったく違ったものになってきます。

そういうときでも可能な限り良い関係でいられる方法を、と考えるのですが、、、、そこがムズカシイ。

いつもこんなジレンマを抱えて仕事しています。

でもお客さまにはそんなこと関係ないですもんね。

これからも常に「クライアント・ファースト」でいたいと思います!

(あら?これどっかで聞いたことあるフレーズですね??(笑))