ついに「紙幣」を買う時代が到来!

シェアしていただけると幸せます☆

最近、新聞紙面におもしろい記事が(良い意味でも、悪い意味でも)多くなった気がします。

今朝の朝日新聞朝刊。最近よく聞くメルカリについてこんな記事が出ていました↓

朝日新聞朝刊より(平成29年4月26日(水)付)

いやぁ~ビックリさせられましたね。まさかの現金出品とは(;^ω^)

一時期問題になったクレジットカードの、ショッピング枠の現金化の手法を使った、しかもある意味でシンプルになったやり方ですね。

(ショッピング枠の現金化についてはコチラが詳しいです ⇒ 日本クレジット協会HP

ついに紙幣そのものが商品になりましたか。。。不思議な世の中になったものですね。

ちなみにあるサイトによれば、1万円札ひとつの製造原価は23円なのだそうです。

そう。1万円札も、言ってしまえばただの紙なんですよね。

そして金本位制の頃と違って、今は通貨の発行元の国家等がその価値を保証していると。

……あれ?日本国の借金って1000兆円超ありませんでしたっけ??

こういうニュースをきっかけにして、「そういえば、『お金』ってなんだったっけ?」と思いをはせてみるのもいいかもしれませんね☆