恋の短歌に胸キュン☆

シェアしていただけると幸せます☆

恋の短歌、、、胸キュンです!(#^.^#)

君になりたい 恋の短歌

胸キュンなんて柄にもない表現ですけど(;^ω^)、この本を読むときっと誰でもそうなりますよ~!

先日の朝日新聞に俵万智さんの「サラダ記念日」が紹介されていて(あの有名な≪「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日≫です)、その記事を読んでいたら短歌にだんだん興味が出てきて、でもどの本にあたればいいのかな?なんて思っていたとき、この穂村弘さん編集の「君になりたい 恋の短歌」歌集に出会いました。

この本は新・旧の歌人が読んだ短歌、それも恋の短歌を子どもにもわかりやすいように絵本にして紹介してあります。

子ども向けにわかりやすく作っているのだと思いますが、そのおかげで短歌初心者の私にもすぅ~っと心に染み込んでいくように理解できます。

私のお気に入りはこの本で最初に紹介されている岡崎裕美子さんの歌です。

絵の雰囲気もフシギで、歌の世界観とマッチしていると思いませんか?(^^)/

写真だと読みにくいと思いますので、下記に引用させていただきますね。

はい、あたし生まれ変わったら君になりたいくらいに君が好きです。

いやん♪たまら~ん(#^.^#)

もちろんその他の歌もどれもステキで、これまで短歌ってムズカしそうなイメージだったのがガラッと180度変わりました!

自分でもいつかこんなステキな歌を詠んでみたいなぁ~って思いました☆