「個人と組織の良い関係」によって達成する「自己実現」

シェアしていただけると幸せます☆

先日読んだ本に「自己実現」、おもに会社などの組織における自己実現について、こういうことが書いてありました。以下わたし自身による要約です↓

==========================================

自己実現とは、自己についてよりも”働く人の自己実現”に配慮したものであることが大切。その為には人を信頼する組織となっていることが必要であり、個人と組織が良い関係であることが求められる。つまり一緒に働く人の自己実現を後押しできるようにサポートしてあげられる人間になること、それが”自分自身の自己実現”を達成する近道でもある。

==========================================

わたしも一つの店の店長という職責を担っていますので、自分自身の成長はもちろんのこと、同じ職場の仲間たちについてもよりいっそう成長していって欲しいなと思っています。

その本を読んで、個人が努力することももちろん大切なことですが、それにも増して個人の所属する組織がいかに信頼できるものであるかが、個人の成長にとって非常に重要なことなのだということに気付かされました。

伸び伸びと働いたり、活動している人が多い組織というのは、組織自体が柔軟なのでしょうし、そういう組織を個人が信頼し、好きであるからこそまたより一層個人の能力向上に繋がるのでしょうね。

今日はいろいろ思うところがあって、自己実現や自己責任というものについて考えさせられました。

わたしももっと成長していきたいと思いますが、私のいる下関店も、そして日本ファイナンスも、もっともっと大きく広く、成長していきたいと思いました☆