あなたは「冒険野郎」?それとも「堅実派」??

シェアしていただけると幸せます☆

実はわたくし、一日一冊の本を読むことを日々の目標に掲げています。

本当は一冊を精読したいのですが、今は一冊でも多くの本を読むことで新しい発見や知識をに触れられることを目標にしています。

おかげで速読の能力が少しずつ高まってきたかな?と思ったり(#^.^#)

今日はお昼やすみに佐倉統さんの「知識の進化」という本を読みました。

本書はまず「進化とは何か」ということについてはじまります(忘年会の二次会選びも「知識の進化」の過程なのだそうですよ!)

進化というと生命の進化(ダーウィンですね)をすぐ思い浮かべますが、科学理論や知識についてもこれまでの歴史の中で「進化」してきたそうです。

ちなみにコンピュータのプログラムを使って進化の過程をシミュレーションすることもできるそうですよ!何だかよくわからないですけどすごいですね~(@_@)

読んでいてすごく興味深かったのが、進化の過程では適度な「突然変異」による新しさが必要だけれでも、それと同時にこれまでの伝統的な行動パターンを固持し続けるものも必要なのだそうです。

それってつまり、「やっぱり今どきスマホだよね~」と言っている若者と「ふんっ!携帯なんてガラケーで十分!」あるいは「ワシは固定電話しか持っちょらん!!」って主張する頑固おやじの関係みたいなものですよね(笑) あ、そういえばわたくしガラケーユーザーでした(;’∀’)

先進的な意見をまったく受け入れないと進化していけませんが、かといってそういう意見ばかりになると次第に混沌としていって、しまいには収拾がつかなくなっちゃいます。

この辺りが進化の妙なんでしょうね。

ちなみに本文ではDNAによる進化の過程をこんな面白い表現であらわしています↓

知識の進化(佐倉統著)より一部抜粋

冒険野郎と堅実派!( ̄▽ ̄)

ここを読んで「あぁ、自分みたいな堅実派も進化には必要なのですね!」と一番納得できました☆