「 books 」一覧

NO IMAGE

【ひとこと書評】 クレジットエイジ (VOL.388)/JCFA(日本消費者金融協会)

株価高騰で日本経済も復活か?と思うのも束の間、今度はいきなり急転直下!当たり前の話だけど、やっぱり本質的な問題が改善されない限りまだまだ景気...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 憲法 (別冊法学セミナー―基本法コンメンタール (No.189))

最近テレビや新聞などでよく話題にのぼる「憲法改正」。次の参議院選挙では憲法96条改正の是非が争点になるとも言われていますよね。改正すべきか、...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 日本復興計画 Japan;The Road to Recovery

カゼがなおらない、下関店長マツバラです先日、病院にいったら先生から「おや?扁桃腺がみえるね?普通大人になったら萎縮して見えなくなるんだけど。...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 督促OL 修行日記

おもしろい本に出会いました! 信販会社に新卒入社したOLがいきなり「督促」部門に放り込まれて・・・という内容。「督促」とは、「入金が遅れてい...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 四半世紀のあゆみ : 視覚障害者支援総合センター開設25周年記念誌

今日ご紹介の本はコチラ四半世紀のあゆみ:視覚障害者支援総合センター開設25周年記念誌 : 視覚障害者の大学門戸開放からセンター開設25周年ま...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方

いい本を読みました 私の大好きな伊集院静さんが書かれたこの本。でも正直この本を読むまでは「松井秀喜」という人のことをよく知りませんでした。も...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 「また会いたい」と思われる人の38のルール

今回読んだ本はこちらです 「人は見た目じゃない」って言いますが、やっぱり「見た目」も大事らしい。それともうひとつ学んだことは、「受け止める」...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)

すごい本を読みました 山口県では誰もが知っている吉田松陰先生。この“留魂録”は先生の死罪が決定した後、その獄中で書かれた「遺書」なのです。自...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 山口県謎解き散歩

ご無沙汰ぶりの一冊読了です コンビニに置いてあるのを発見した瞬間「ビビッ!」ときてすかさず購入「山口県」の大書に長州人としての血が騒ぎます読...

記事を読む

NO IMAGE

【ひとこと書評】 ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略

1ヶ月かけて読み終わりました 経済ピラミッドの底辺にいる「貧困層」を「顧客」に変える、というこれまでの常識を覆す発想で書かれた本書。しかし決...

記事を読む