「生まれた時は誰でもゼロからスタート」

シェアしていただけると幸せます☆

わたしのいる下関店でいつも掲示させていただいている、ダスキンさん発行の「喜びのタネまき新聞」。毎回こころに染みる内容で、読んでいてジーンときます。

とくに表紙にある社長コラムは読んでいて毎回うなずくことばかりです。

表紙の絵もまたステキなんですよね~(#^.^#) 今回は由布院です

今回こころに残った文章を抜粋して紹介させていただきますね。

一度手にしたものを失うと、不安に感じたり不満に思ったりもしますが、木村選手(※全盲の競泳選手。パラリンピックで四つのメダルを獲得されています)とお話しして、「生まれた時は何も持っていないのだから、自分の原点を忘れてはならない」ということを改めて教えていただきました。

「生まれた時は誰もがゼロからスタート」と、新たな挑戦へと前向きに人生を歩んでいきたいと思います。

皆さんどう感じられましたか?わたしはとても勇気をいただきました☆