今あらためて、「貸金業法」を解説!

シェアしていただけると幸せます☆

段階を踏んで改正されてきた貸金業法が完全に施行されたのが2010年6月。すでに改正から10年近く経ったことに感慨深いものを感じるのはきっとこの業界で働いている人たちだけでしょうね(苦笑)。

ただ、貸金業法が改正されたことで一番影響を受けることになったのはもちろん一般の資金需要者、つまり消費者金融の利用者の皆さまであり、果たして法律を改正して良かったのか、はたまた悪かったのか、未だ確定的な評価は出ていないのが現状です。

法律が改正されたことで必然的に、あるいは偶発的に起こった様々な出来事(銀行カードローン残高の増加、ヤミ金融被害が未だ無くならない問題、など)についても別の機会に書いていきたいと思いますが、今日は改めて「貸金業法って何だろう?」ということについて書いてみたいと思います。

※内容については日本貸金業協会が作成している下記特設ページ「貸金業法について【貸金業界の状況】」をベースに説明を進めていきます。

貸金業法について【貸金業界の状況】|日本貸金業協会

貸金業法にはどんなことが書かれているのでしょう?ごくカンタンに説明すると、貸金業者(お金を貸す仕事をする人)が守らないといけないルールが書かれています。ルールを破ってお金を貸すと厳しく罰せられますので、ほぼ全ての貸金業者はちゃんとルールに従ってお金を貸しています(「ほぼ」を付けた理由はもちろんヤミ金融などの存在があるためです)。

ルールの中身はと~~~っても細かいのでここにすべてを書くことは出来ませんし、このブログを読んでいる方が知りたいのは「自分がお金を借りるときに関係してくるルール」、ですよね?ここでは特に知っておくべきと思われるルールをいくつかご紹介したいと思います。

ルールその①:借りられるお金は年収額の3分の1まで!

お金を借りられるかどうかの最終的な判断は金融機関の審査基準に依りますが、貸金業者からお金を借りたいと思った時、年収額の3分の1を超える金額は原則として借りることは出来ません。

年収額とは、例えば今の時期であればちょうど平成30年分の源泉徴収票がお勤め先から出ていると思いますが、その中の「支払金額」という数字、これがあなたの「年収額」にあたります。なのでこの数字を3で割った金額があなたが貸金業者から借りられるお金の上限、ということができます。「今まで融資してくれてたのに、急に借りられなくなったのはなんでだろう?」と思っていた方は、ひょっとするとこの上限に近付いている、または超えてしまっているからかもしれません。ちなみにこの、年収額による融資額の制限のことを「総量規制」と呼んでいます。この言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。

ルールその②:収入証明書類の提出が必須となる場合がある!

例えばあなたの年収が300万円で、貸金業者からのお借り入れがまったく無いとした場合、ルール①に当てはめるとあなたは100万円まで借りることができる計算になりますが、無条件に100万円を借りられるわけではありません。実は下記の2つの条件の内、いずれかに当てはまる人は、お金を借りる際に必ず収入証明書類を提出しなければならなくなるのです。

 1. ある貸金業者から50万円を超えて借入れる場合

 2.他の貸金業者からの借入れ分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合

先の例の場合、100万円を借りようとしていますので1の「50万円を超えて借入れる場合」に当てはまります。なので源泉徴収票などの収入証明書類を提出して年収額が確かに300万円以上あることを示すことができない限り、100万円を借りることは出来ません。当社でお申込みいただく方にもよくいらっしゃいますが、給与明細を見たらすぐ捨ててしまっていませんか?給与明細の場合、直近から最低でも2カ月分をさかのぼって年収額を計算しますので注意が必要です。お申込みを検討中であればくれぐれも収入証明書類は大事に保管しておくようにしましょうね。

ルール③:お金を借りる際の上限金利は最高でも20%まで、それ以上は違法金利!

これは普通に営業している貸金業者であれば当然守っていることなので、申し込みをする際に特に注意を必要とすることではないかもしれませんが、むしろ大切なことは20%を超える金利の業者から借りようとしているとした場合、それはヤミ金融である可能性が非常に高いということです。少しでも「おかしいな?」と不安に感じたら申し込みを中断して、すぐに相談機関へ連絡してください。日本貸金業協会でも相談を受け付けていますし、当社へご連絡いただいても構いません。適切な相談機関へご案内させていただきます。

いかがでしたか?意外にシンプルなルールで覚えやすいと思われたかもしれませんね。これらのルールの良し悪しはさておき、ルールを守らないとお金は借りられませんのでしっかりと理解した上で申し込みするようにしましょうね!